pixta_9003612_L
毛はなぜ生えてくるのか、また、なぜ抜いても再び生えてきてしまうのかご存知ですか?
ムダ毛を処理するにあたって知っておきたいのが、体に生えている毛の構造です。毛が生える構造について理解すれば、なぜ脱毛サロンでムダ毛を処理した方が効果的なのかもよくわかります。


それでは、毛の構造についてわかりやすく解説します。

毛が伸びるしくみ

皮膚の表面に見えている体の毛は「毛幹」と呼ばれ、毛穴の奥にある「毛根」から伸びています。
そして毛根部には、「毛球」「毛乳頭」「毛母細胞」という主に3つの組織があるのです。


「毛球」は毛根の奥にある膨らんでいる部分のことを指し、毛球の奥には毛細血管から栄養をもらって、細胞分裂を行うことで毛を生やす「毛母細胞」があります。


毛乳頭も毛母細胞と同じく毛球に関連した組織で、毛球の奥にあります。


毛乳頭には、毛細血管が集まっています。
つまり毛乳頭を通じて、毛母細胞は栄養を手に入れて毛をどんどん伸ばしているわけです。


まとめると、毛が伸びる過程は、

  • 毛細血管から毛乳頭に、栄養が届けられる
  • 毛根の毛乳頭から、毛母細胞に栄養が届けられる
  • 毛母細胞が活発に活動し、毛根から毛幹へと徐々に毛を伸ばしていく

という流れになります。

毛はある程度伸びると成長をストップして休止期に入る

毛はある程度伸びると、自然に抜け落ちます。
これは、毛の成長周期が「成長期」から、髪の成長が徐々に止まる「退行期」に入り、最終的に髪が抜けてしまい、毛根の活動が一時的に休止する「休止期」に入るためです。


髪の毛が抜けて休止期にはいると、髪が抜けた毛根は再び毛を育てるための準備を行います。
髪を育てる準備が終わると、再び毛球にある毛乳頭から毛母細胞に栄養が送られて、毛が伸びていくわけですね。

自分でムダ毛を処理しても毛根の処理はできない

体から生えているムダ毛を抜いたところで、再び発毛を行う準備が毛根で整い次第、また同じ毛穴からムダ毛は生えてきてしまうのです。


つまり、ムダ毛を完全に除去し、肌を「ツルツル」の状態にしたいなら、毛根ごと処理を行わなければいけません。


そこで、脱毛サロンであればムダ毛を処理できるタイミングなどをしっかり考えつつ、しっかり毛根までムダ毛を処理することができます。

MEN’S BBの脱毛方法

脱毛サロンでの脱毛方法には様々な種類があります。
当MEN’S BBでムダ毛を処理する場合は、毛を無理やり引き抜くなど、痛みや肌への負担を伴う方法をとらず「光脱毛」という光を当てる方法によって脱毛を行います。


光脱毛とは、成長期の毛に特殊な光をあて、毛根の働きを弱め、次にその毛根が成長期を迎える際、毛を薄く、細く弱めていく方法です。
レーザー脱毛やニードル脱毛よりも痛みを伴わず、比較的安価で脱毛を行うことができます。


MEN’S BBではお客様ひとりひとりの肌質に合わせて脱毛機器を操作し、光の調整を行っているため、かゆみやかぶれといった肌トラブル発生の可能性を最低限に抑えています。


更に、肌質について心配や悩みがある方には、美容脱毛の教育講習合否判定試験に合格したサロンスタッフにより、カウンセリングサービス(無料)も施術前に行い、お客様の不安や悩みに親身に対応いたします。


また、光脱毛の中でも、MEN’S BBで使用している脱毛機器は、日本エステティック振興協議会が設けた基準を満たした美容ライト脱毛機器を使用し、定期的に検査やアップデートを行うことで、細心の脱毛技術をお客様に提供させて頂いております。


MEN’S BBは、福井、金沢を中心に展開しているメンズ脱毛サロンです。
敦賀などの嶺南地方や能登など、市外のお客様はもちろん、県外のお客様も大歓迎です。
まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談くださいませ。